のっとぬん

Notnun BLOG

「アサシンクリードオリジンズ」は神ゲー? 全クリ後の感想

https://ubistatic19-a.akamaihd.net/resource/ja-jp/game/assassins-creed/ac-origins/ac_media_preview-cleo-speech_ncsa.jpg

こんにちは、のっとぬんです。

サイトのアクセス解析を見ていて、もう1万pvを超えていることに多少ビックリしています。

さて、今回は先月10月27日に発売されたUBIソフトの「アサシンクリード」シリーズ最新作「アサシンクリードオリジンズ」の感想です!

 「アサシンクリード」といえば、私がゲームの中で一番好きなタイトルで、その分思い入れも強い!ということで、ストーリーも終えたところで、

結局「アサクリ オリジンズ」は神ゲーだったのか? についてお話します。

 

 

 

規模は最大、作りこみも半端ない!

https://ubistatic19-a.akamaihd.net/resource/ja-jp/game/assassins-creed/ac-origins/ac_media_preview-cyrene-countryside_ncsa.jpg

当ブログでは、今作に関して様々な記事を投稿してきました。そこから分かるように、今作は「マップの広さ」「自由度」が最大規模なんです。

舞台は "エジプト全土"。とんでもない広さ。ただ、そのほとんどが砂漠で目立った建造物などは多くみられません。しかし、「ただの砂漠」にならないように、敵の拠点古代の遺跡があるなど、移動も面倒くさくない要素が盛りだくさんなんです。

https://ubistatic19-a.akamaihd.net/resource/ja-jp/game/assassins-creed/ac-origins/ac_media_screen-wildlife_ncsa.jpg

各地に生息するトラライオンハイエナなども、決して弱くないため戦いがいがあります。

自由なのは陸だけではなく、「」も含まれます。地中海など数知れた「海」と呼べる場所を除けば、ほとんどが川や湖なのですが、従来のように泳ぐだけでなく潜ることが出来るようになりました。 これにより、水中でのアクションが追加され、より多くの要素を取り込みユーザーを引き付けることが出来ました。

 

 ストーリー

やっとこさストーリーも終わり、ざっと感想を残していきます。

 

終わり方が今一つなのがもったいない!

https://ubistatic19-a.akamaihd.net/resource/ja-jp/game/assassins-creed/ac-origins/ac_media_preview-septimius_ncsa.jpg

本当に残念。アサシンクリード4の制作チームなら、もうちょっと4の時みたいな終わり方して欲しかった! というのも・・

 

展開はどのシリーズも同じ、最後に「人間の自由意思を奪う」ことが出来る超危険兵器である「エデンの果実」を手に入れてしまった敵(今作では”古き結社”)と戦い、勝利して「やったー!」っていうので終わりです。

 

https://ubistatic19-a.akamaihd.net/resource/ja-jp/game/assassins-creed/ac-origins/ac_media_preview-taharqa-dinner_ncsa.jpg

今作は「アサシンクリード オリジンズ」、つまり「アサシン教団」の「起源」を描いた作品です。

エデンの果実を持ったラスボスを倒したのち、「隠れし者」という組織(のちにアサシン教団に。)を作りあげ、嫁さんや仲間たちと元は味方だった「クレオパトラ」への復習を決意し戦っていく・・という流れ。このシーンはかっこよかった。

 

問題なのがラスト中のラストに差し掛かったときよ!

 

Assassin'sCreed Origins」というタイトルと同時に、エンドロールが流れるのかと思いきや、ゲーム画面に移動し「飛べ」という言葉のもと、手動でイーグルダイブ(高いところからジャンプ)するっていう・・

飛んだら飛だで、もう何も起きないし。

 

最後はエンドロールっしょ?

https://ubistatic19-a.akamaihd.net/resource/ja-jp/game/assassins-creed/ac-origins/ac_media_order-of-the-ancients_ncsa.jpg

ここは賛否両論なんでしょうが、私は「最後にエンドロールは絶対だと思うんです!

思い返せば前作の「シンジケート」でもなかったような・・

 

アサシンクリード4」では、ラスボスを倒し生き残った仲間と酒を飲んでいると、女の人が歌い始め、(これがまた良い曲なんですよ。)ふとテーブルを見ると、死んでいった仲間たちが笑顔でこちらを見ているんですよ。

 

あれは泣けた。 

 

 4の主人公エドワードの息子(ヘイザム・ケンウェイ)はのちに、エドワードが入団していた「アサシン教団」とは真逆であり対立している「テンプル騎士団」に入団するってのもまた話が深いですよね。うん。

 

そしてエンドロールじゃーんじゃじゃじゃじゃーんじゃーんじゃーんっていう曲が流れるんですよ・・

じゃーじゃーうるさいたこね

 

この、涙腺が緩む肝心なエンドロールがないのは心に残らない!

エンドロールの字なんてまともに読まないからこそ、作品のメインソングと共に、これまでのストーリーを振り返ることが出来るんですよ。 それをナシに、手動で「飛べ」とはどういうことか!

 (※あくまでエンドロールに対する個人の思い入れです。)

 

神ゲーか否か。

https://ubistatic19-a.akamaihd.net/resource/ja-jp/game/assassins-creed/ac-origins/ac_media_preview-horseback_ncsa.jpg

SNSでは、今作に対する感想で「神ゲー」というワードを見かけることが多いのですが、私からみた今作はどう映ったか。ストーリー/ゲーム性 を踏まえた上で言わせていただきます。

 

 

神ゲーやぁぁぁぁ

 

これまでとは圧倒的に異なる要素を多く取り入れたまさに「チャレンジ作品」とも言える今作、その多くは「成功」だと思います。

長い移動も飽きさせないロケーション風景サブクエストの充実さ。

ストーリーのラストには心残りがあるものの、それを覆す「凄さ」の数々。

 

これまでのシステムに依存されず、今作から初導入の要素が数多くある中、ここまでユーザーを楽しませてくれるのは「神ゲー」と言わずしてなんというか。

 

残念な点は

ストーリーの最後

衣装の種類(ダサいのが多い)

・バグ多いよ

 

の3点。

今作で手に入れた貴重なユーザーからの意見を糧にして、次回作も神ゲーであることを願います!

 

ばいちゃぁぁぁ!